ほとり暮らし

滋賀・びわ湖のほとりに暮らす整理収納アドバイザーの日常

【書くこと】別れても好きなモレスキン

スケジュール管理はスマートフォンのカレンダーアプリと、アナログの手帳を併用しています。

カレンダーアプリは主に今後の予定管理用。

その日あったことを書き留めるには、アナログ手帳が便利です。

あの日はどんな日だった?と振り返って記憶を辿る時に、手帳の文字を見れば思い出せます。

「書く」という行為があったればこそ、記録が記憶に変わる。

スマートフォンへのフリック入力では、どうにも記憶にまで結びつかないようです。

 

現在使っている手帳はウィークリータイプ。

何もない日でも夜ご飯のメニューだけは書きます。

何か思う事があったら少し書き留める程度。

書くスペースが限られているのでたくさん書けないし、書く気が起きてこないのです。

 

以前、手帳とは別にモレスキンを使っていました。

モレスキンって不思議なことに、ページを開くと何か書きたくなるんです。

方眼タイプが使いやすくて、好きでした。

紙質が劣化したとよく言われてますが、好みの紙質でした。

黒い革の表紙の質感も良くて、常に持ち歩きたくなるのも不思議で。

記録、記憶、思考、アイデア、何でも書いてました。

 

しかしノートとして使うにはちょっぴりお値段がお高い。

そう思ってモレスキンに代わるノートを求めて探し続けてますが、未だに見つかりません。

ページを開いた時の感覚がどれも微妙に違うのです。

離れてみてわかるモレスキンの素敵さ。

まるで別れても好きなひとのよう。

別れても好きなモレスキン

 

今日は無印良品で、上質紙のフラットノートを手に取って検討してみました。


f:id:yumity:20180919221649j:image

紙質はとても良いです。

ページをフラットに開くことができて書きやすそう。

表紙のグレーも素敵。

だいぶ悩みましたが、買わずに帰りました。

 

どうしてもモレスキンを思い出してしまう。

心の内をさらけ出させてくれる不思議な相棒、モレスキン

やっぱりモレスキンに戻ろうか。

何でも黙って聞いてくれるカウンセラーのような存在。

そう考えたら値段はむしろ安いのかも?

よし、久しぶりにモレスキンに会いにLoftに行ってみよう。

ドキドキ(*゚∀゚)

 

 

 

おわり

【新陳代謝】家と身体はつながっている。まずはデトックスから。

昼間はまだ暑いですが、確実に秋が深まっていると感じます。

夕暮れの空気感がやさしくて、吹く風が心地よく感じられるようになりました。

けれどもまだ部屋には扇風機があり、寝具には毛布も準備している。

いろんなモノが混在する季節の変わり目。

所有物の量が一番多く感じられる時期でもあります。

季節家電の入替えや衣替えで、押入やクローゼットから出したり、収納したり。

取り出しやすく、しまいやすいなら季節の変わり目の作業はスムーズでしょう。

しかしモノが詰め込まれた押入やクローゼットなら、作業が億劫で憂鬱に感じられるかも。

家の中の難所が押入やクローゼットとおっしゃる方がとても多いです。

この難所をスッキリさせると、何もかもがうまくいきます。 

大げさなようですが、本当です。

見えない所こそが要所。

いつも思うのですが、「押入」っていう名前が良くないなぁと。

モノを押し込むようにして入れるイメージです。

何か素敵な名前がつけられたらいいのにな。

 

そこで押入のお片付け方法ですが、いつものことながら中のモノを全て出す「全出し」からスタートします。

「それが簡単にできたら苦労しないわ」と言われそうですが、全出し無くして本当のお片付け完了は訪れません。

それは体重計に乗らずしてダイエットを始めるようなもの。

自分を知ること。

所有物を全て把握すること。

まずはそこから始まります。

 

家という空間は自分の身体の一部だと思います。

デトックスをして代謝の良い身体をつくるイメージで、お片付けしてみるとうまくいきます。

食欲の秋。

しっかり消化できる身体あってこそ楽しめます。

 

f:id:yumity:20180918221045j:image

ご褒美(何の?)ランチには清元のお弁当

 

 

暮らしやすい家は新陳代謝が良いということ。

それは探し物の必要がない、動線がスムーズな家。

押入は身体で言うと大腸なんじゃないかと。

なぜって要らないモノを溜め込みがちだから。

もし不要なモノを押し込むようにしまい込んでるなら、まずデトックス

押入に新鮮な空気を入れてあげるつもりで。

自分の身体をきれいにするのと同じ感覚でお片付けすると、家は劇的に変わっていきます。

お片付けに向かうためのメンタルについてはまた次回(*゚∀゚)

 

 

おわり

【家電の寿命】冷蔵庫から異音が聞こえます。

最近、リビングにいると、パキッ、パリッ、ピシッ…という音が聞こえるようになりました。

もしかしてラップ音?心霊現象?

と疑いましたが、明らかに我が家の冷蔵庫、日立PAMさんからから聞こえてます。

 

f:id:yumity:20180916181537j:image

日立PAMさん

 

PAMさんとは約14年のお付き合いです。

「冷蔵庫 異音 パキ」で検索すると、同様のお悩みとその答えが出てきました。

  • 本来は鳴るべきでないコンプレッサーの音
  • 設置のズレ
  • ドアの歪み
  • 外気温との温度差で内部のプラスチックから音がする

といったような、それらしい答えの数々。

 

きっと今夏の暑さで冷蔵庫もくたびれたのだろうと勝手に納得しました。

 

とは言え、わりと年数が経っているので、いつ使えなくなってもおかしくない。

次はもう少し小さいサイズにしたいです。

背が高い冷蔵庫は圧迫感があります。

容量は大きいに越したことはないと、400リットルを購入しましたが、実際のところ中はいつもスカスカ。

作り置きが苦手で、食べ残したものを一時的に入れる程度。

近所にスーパーもコンビニもあるので、今日と明朝の食べ物が入れば困らないのです。

次の冷蔵庫、どんなのにしよう…(*˘︶˘*).。.:*♡

PAMさんご存命中なのに不謹慎な購入計画を立てております。

だって、急に壊れたら困りますもの。ええ。

 

急に壊れたら困る家電ナンバーワンと言えば、洗濯機です。

以前、布団カバー洗濯中にすすぎが終わったところで洗濯機が壊れて、えらい目に遭いました。

せめて脱水まで終わってたら良かったのに。

ビチャビチャの洗濯物を空の浴槽に入れて、裸足で踏みながら脱水しました。

寒い冬で辛かった。

すぐに新しい洗濯機を買うべく検索(カカクコムを信じた)して、即配送してくれるところに発注しました。

急いで商品を選んで失敗するのは避けたいところ。

常日頃から家電チェックしておくと安心だと思った出来事でした。

 

次はオーブンレンジもそろそろ危ないかも。

いつでもスムーズに選手交代できるように、期待の新人を物色しておかなくては(*゚∀゚)

 

 

 

おわり

【わたしノート】自分で自分を幸せにすること

人生の棚卸し作業をしています。

たくさんの人に支えられて生きてきました。

友人たちと楽しく過ごした学生時代。

社会人になると自分で働く厳しさと喜びを味わいました。

欲しいものを手に入れ、車を運転して行きたい所へ行く。

社会人サイコー♪ と自由を謳歌

おひとりさまという言葉が世の中に無かった時代、すでにおひとりさま的行動をしていました。

一人で映画を観る(タイタニック、わりと長かった)。

一人で立ち食い蕎麦を食べる(都そば)。

一人で野外コンサートに行く(当時流行ってたレゲエのイベント)。

一人でスノーボードに行く(神鍋高原や比良でスノーボード検定受検)。

友達も(時に恋人も)いましたが、一人での行動は特別なものとして確立していました。

 

自分の機嫌は自分でとる。

誰と過ごしていても自分軸で生きる。

自分で自分を幸せにできていたと思います。


f:id:yumity:20180915183444j:image

 

 

そんな独身時代を経て結婚。

他人と暮らすことが初めてで新鮮でした。

一人ではない心強さ。

協力しあって暮らすこと。

これが結婚の良さなのだと思いました。

協力であって、依存では無い。

いつしか子供が生まれ、家族を形成する喜びも。

家族という共同体の意識で運営していく。

運営方法は役割分担が一般的。

でも現実は役割のほとんどを妻が担ってるケースが多いような気がします(自分も周りも)。

ここ数年は危うく他人軸の人生に傾きかけてたので、現在軌道修正中。

独身時代が楽し過ぎたのか、今が人生における修行ステージのように思えます。

ここを乗り越えたらラクになるかも?と希望を胸に進むのみ。

 

自分のことだけ考えて突き進んでいた独身時代が懐かしい。

今はたくさんのことを考えながら、慎重に駒を進める感じ。

自分を信じてチャレンジ。

自分で自分を幸せにすることを思い出して(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

 

おわり

【仕事について】得意なこと、好きなことを活かせるのは理想的。

求職について考える日々です。

かつての職場での出来事を思い出しました。

7年前に働いていた外資系メーカー(兵庫県西宮市)でのこと。

某自動車メーカーの関連工場より、特殊金属部品の発注がありました。

緊急事態のため、今すぐ必要とのこと。

通常は佐川急便やヤマト宅急便での配送ですが、バイク便でお届けすることになりました。

バイク便での依頼は初めてです。

お届け先は、愛知県名古屋市

兵庫県西宮市から約200kmの距離。


f:id:yumity:20180914095756j:image

 

商品の大きさと距離で計算したところ、運賃は20,000円ほど。

通常の配送に比べたら高額ですが、事情が事情なだけにお金のことは度外視(発注者がそれでもいいと言ってるので)です。

そしてクルマより断然速いので、2時間かからないのかもしれません。

 

どんなバイクで来るのだろう?とわくわくしつつ、商品を梱包して待ちました。

ほどなくして、社屋に近づいてくる聞いたことのない轟音が…。

外に飛び出すと、鮮やかな緑色のカワサキNinjaに乗ったバイク便ライダーが到着していました。

f:id:yumity:20180914092753j:image
大型バイクを間近で見ることは初めてで、エンジン音を聞くだけでも驚きました。

いかにもな革のライダースーツに身を包んだ体格の良いお兄さんライダー登場。

小さな小包をライダーにお渡しし、どうかご無事で…と祈るようにお見送り。

轟音と共に颯爽と消えて行きました。

ここからは勝手な推測ですが、バイク好きで運転が得意であろうライダーさん。

好きなことや得意なことを活かせるお仕事って理想的だなあと思った出来事でした。

 

後にも先にもバイク便を利用したのは、この時かぎり。

高速道路で荷台を搭載した大型バイクを見かけると、バイク便かな?と勝手に応援してしまうのでした(*゚∀゚)

 

 

おわり

【わたしノート】人との関わりのおかげで本来の自分を思い出す

今春から小学校の役員をしています。

イベントを控えているので今月から大忙し。

チームワークで取り組んでいくこと、無事に業務を完了させることに達成感を感じます。

仲間とのコミュニケーションが、日々の潤滑油にもなっています。

人と会って話すことで、本来の自分を取り戻している感覚です。

大変なことはあるけど、楽しい。

 

普段は在宅勤務のため、誰かと話すことも会うこともなく一日が終わることがほとんど。

自分のペースで仕事できますが、孤独です。

誰とも話さないと「うつ」っぽくなります。

 

15年ほど前、交通事故後にリハビリ生活していた頃、引きこもりになって精神的にも病みました。

出産後2年くらいは、積極的にママ友を作ることもなく、まともに大人と話さなかったので「産後うつ」に。

自分の傾向性を考えると、一人で家にいることはあまり良くないのかも。

 

様々な職歴の中で、楽しかったと思えるものは、たくさんの人と関わって進めていく業務です。

良き同僚や、尊敬できる上司に恵まれていたと思います。

久しぶりに求職活動を始めるにあたって、自分の性質と特性をしっかり見極めたいです。

 


f:id:yumity:20180912214232j:image

↑日々の思いを綴っているお気に入りのノート

 

 

昨日は「登美丘高校ダンス部✕グレイテスト・ショーマンの特別映像」を観て、元気と勇気がもらえました。

この映像の曲「This is me」の歌詞は、とても力強くて大好きです。

 

今日は一番の理解者である姉とたくさん話して、自分の本心や方向性がわかってきました。

ずっと見ないふりしてきた心の奥底にある感情が、やっと浮き上がってきた感じで。

自分に向き合えてなかった時間を取り戻す日々は、まだ続きそうです。

 

 

おわり

【秋のはじまり】「丸美屋 栗きのこ釜めしの素」から始まる秋

雨で蒸し蒸ししていた昼から一転、肌寒いくらいに涼しい夜になりました。

今日の夕方から秋が来た!と勝手に認定。

この日のために購入していた秋アイテム、本日解禁。

それはこちら…

f:id:yumity:20180910212208j:image

丸美屋

栗きのこ釜めしの素

 

秋になると必ず食べる釜めしシリーズ。

ただ混ぜて炊くだけ。

まちがいなく美味しくできる抜群の安定感。

自分で栗をむくとか、私は無理です。

炊くのはこちらで↓

f:id:yumity:20180910212842j:image

無印良品の土釜おこげ(3合炊き)

 

炊飯器は6年前に処分して以来、ずっと土釜おこげを使ってます。

毎日、美味しく白米が炊けてます。

釜めしを炊くと、最高のおこげができます。

ホクホクした栗とパリパリおこげのハーモニー♡

 

釜めしと共に食べたくなるのは、具だくさんの豚汁。

今年の夏は、豚汁を食べたい(飲みたい)気分になることは皆無でした。

こんな日が来るなんて。

秋の訪れに感謝です。

長かった夏、もうこんな酷暑はごめんだよ。

今夜は絶好の豚汁ナイト。

神様、ありがとう(どんだけ大げさ)。

 

季節の変化に呼応する人間の体、感覚って繊細だなあと思います。

お昼にコンビニに行った際、おでんを見ても暑く感じなくなりました(コンビニのおでんを出す時期って早すぎるような…)。

逆に、かき氷の「氷」っていうのれんを見たら震えます。

暑すぎた夏よ、さようなら。

 

秋生まれの私にとって、これからの季節は心も体も上り調子です。

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋。

タイミング良く、図書館で予約して何ヶ月も待ちわびていた人気本が届きました。

そして来週は、大阪中之島プーシキン美術館展を観に行きます。

もちろん、求職活動も同時進行でがんばりますよ〜 (๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

おわり