ほとり暮らし

滋賀・びわ湖のほとりに暮らす整理収納アドバイザーの日常

【これもハッピーエンド】映画「ラ・ラ・ランド」を観て。

Amazonプライム会員の恩恵に預かり映画を観ています。

話題だった映画「ラ・ラ・ランド」。


f:id:yumity:20180813151139j:image

遅ればせながらやっと観ました。

ミュージカルが好きかと聞かれたら、

うん、まぁ…と答える程度。

ミュージカルを観たのは、ニューヨークのブロードウェイ「サタデーナイトフィーバー」のみ。

でも日本では積極的に観ないので、基本的に好きでないかも…。

ラ・ラ・ランド」はミュージカル要素が盛りだくさんと聞いて、一抹の不安が。

セリフを話してたかと思うと、歌って踊りだす。よくタモリさんがミュージカルを茶化すやつ、私も同感でした。

しかし、ラ・ラ・ランドの役者さんたちは揃いも揃って踊りが上手で、見入ってしまうほど。

シーンごとの音楽のチョイスも素敵。

一抹の不安は吹っ飛びました。

ストーリーは、いつか自分の店を持ちたいジャズピアニストのセブ(男)と、女優になりたいミア(女)のお話。

お互いが夢に向かって励まし合い、支え合う。

けれど次第に成功をつかむ(かのような)タイミングにズレが生じて、二人の関係性もズレていく。

ありがちっちゃ、ありがちなストーリー。

で・も!

さすがアカデミー賞受賞作、見せ方が違うな〜と思いました。

ラストが近づいてきた頃、「もしもあの時こうなってたら的妄想」シーンを一気にたたみかけて来ます。

何となくグウィネス・パルトロウの「スライディングドア」がデジャヴりました(パラレルワールドっぽいところ)。

「もしもシーン」は、とても切ないけれど、二人の出会いの必然性を感じずにいられませんでした。

誰と生きていくか。

どう生きていくか。

夢を夢で終わらせなかった二人の物語。

 

観終わった後に様々な問いかけが起こりました。

自分は好きなことや得意なことを仕事にしてきたけど、本当にやりたかったことをやって生きてるだろうか?

本気で取り組んでないうちに諦めてしまってないか?

で、私の夢って何だろう?

 

この映画の最大の良いところは恋愛至上主義のハッピーエンドじゃないところ。

それぞれのハッピーエンドがあることを見せてくれました。

 

突如、私の中に現れた月亭可朝師匠が歌ってくれました。

夢を叶えるんは生半可なことやないんやで〜♪

中途半端な気持ちで夢を追いかけたらあかんのやで〜♪

 

 

おわり